DHA EPA 注意点

MENU

DHA・EPAを摂取するときの注意点

お魚に多く含まれるDHAやEPAは、非常に健康効果の高い成分の一つです。

 

血液をサラサラにしてくれるだけでなく、コレステロールなどを減少させてくれる効果も高いので、成人病の原因である肥満にも効果が高いと言われています。

 

ですが、摂取しすぎる事で『お腹が緩くなる』『吐き気を感じる』『ケガをした時に血が止まりにくくなる』などといった健康被害もある様です。

 

注意

 

健康効果が高い成分である程、一日の摂取量に限界を設けられており、例えればビタミンEなども一日の摂取量を超えない様にと言われています。ビタミンEは抗酸化作用が高く、老化防止に役立つ栄養素ですが、摂取しすぎる事で健康被害を及ぼす事も多いのです。

 

それと同じくDHAやEPAも、継続して一日の限界摂取量以上を取り入れてしまうと、上記でお話した様な副作用が現れる可能性も高くなるので気を付けましょう。

 

 

とはいっても、DHAやEPAの一日の限界摂取量は『3g』と言われています。1gは焼いたサンマ半尾に相当する値ですので、毎日の食事から摂取している場合はそこまで気にする事はありません。気を付けて欲しいのは、サプリメントから足りない分を補う時です。

 

DHAやEPAなどが含まれているサプリメントを服用する時、錠剤一粒に対してどの位の量の栄養素が含まれているか、きちんとチェックしておきましょう。

 

過剰に摂取してしまうと、一日の限界摂取量を超えてしまう恐れもあるので、食生活を基本に本当にDHAやEPAが足りないと感じた時に、サプリメントを取り入れる様にして下さいね。