DHA EPA 食品

MENU

DHA・EPAを多く含む食品まとめ

DHAとEPAは主に魚に多く含まれる成分の一種ですが、それぞれの栄養素によって多く含まれる食品は少し異なってきます。

 

食品

 

DHAを多く含む食品

DHAは脳の海馬に多く含まれる成分であり、その事から『記憶力を良くする=頭が良くなる』成分としても有名です。

 

主に含まれるのは魚の本マグロで、旬の時はぜひ食卓に並べて欲しい食材でもあります。その次に多いと言われているのはまだいやぶりで、これらの魚が美味しい季節には積極的に食卓に出す様にしましょう。

 

EPAを多く含む食品

EPAには血液凝集抑制効果を期待する事が出来るので、血管系の成人病(脳梗塞や脳溢血など)に効果が高いと言われている成分です。

 

DHAと同じく魚に多く含まれており、まいわしが一番多く含んでいます。その次に本マグロやサバに多い成分とされています。

 

DHAやEPAはどちらも食品では魚に多く含まれている成分です。昔の人がメタボや心筋梗塞、糖尿病などの成人病が少なかったのは、和食中心の食生活にあった為です。主に魚が食卓の中心だったので、成人病などとはあまり縁が無かったのでしょう。

 

 

現在は食の欧米化により、ファーストフードや惣菜などの出来合いの食事が多くなってきました。同時に動物性の油分も多く摂取する様になり、それが成人病へと繋がる理由だとも言えます。

 

成人病に負けず、病気をしにくい体質へと導くためにはDHAやEPAは必須な栄養成分だと言えるでしょう。

 

現代の食生活から遠ざかっていた『和食中心・魚をメインとした食卓』へと改善する事により、DHAやEPAの摂取量も多くなり、肥満などの成人病の改善や予防などにも効果があると言えるでしょう。