DHA EPA 1日 摂取量

MENU

DHA・EPAは1日どのくらい摂取すればいいの?

DHAとEPAはご存知の通り、血液をサラサラにする事で有名な成分です。中性脂肪の代謝を促すのでダイエットにも効果的なDHAとEPAですが、一日の摂取量は1000rが推奨されています。

 

食事とサプリメント、2つを合わせて1000rものDHA・EPAの摂取量が理想だと言われています。

 

一方で理想摂取量の1000mgを超え、更に3000rを超える量を毎日摂取し続けていると、副作用が現れる事もあります。

 

・吐き気
・お腹を下す

 

などといった健康被害が見られる事もあるので、一日の合計摂取量に関しては十分に注意する様にしましょう。

 

DHA・EPA摂取量

 

DHA・EPAは特に健康への効果が高いとされている成分ではありますが、大量に摂取したからといって症状が劇的に改善するものではありません。適量を毎日少しずつ摂りいれる事でその効果を実感出来るのであり、一気に摂取する事で弊害が出る事もあるので注意しましょう。

 

一番の理想は、一日の理想量の半分以上を食事から摂取する事です。しかしながらDHAやEPAといった成分は酸化も早いので、食べる頃には成分が劣化してしまっている、という事も考えられます。また、消化や分解によって吸収できる量も減ってしまうので、それらを補う為にサプリメントを併用する事がお勧めされています。

 

あくまでもサプリメントはサポート役として考え、毎日の食事を少しずつ見直す事から始めてみましょう。サプリメントを利用する時は、何粒でDHAとEPAが何mg摂取出来るのかをしっかり確認し、決められた用量以上の摂取をしない様に心がけて下さいね。

 

DHA・EPAサプリ比較

DHAとEPAの違いってなに?

AHAやEPAはお魚に多く含まれている良質な脂分で、動物性の脂分と比べると健康効果が高く、摂取しても太らないと言われています。様々な健康効果があると言われている成分ですが、DHAとEPAじゃどう違うのか、説明していきたいと思います。

 

DHA・EPA違い

 

DHAとは何か?

ドコサヘキサエン酸と言われているDHA、子供の頃に親から『頭が良くなるからお魚を食べなさい!』と言われた事はありませんか?

 

DHAは良質な脂肪酸の一種で、『頭が良くなる』と言われている原理は、脳の記憶を司る『海馬』という部分に含まれている事からそういわれているのです。それだけでなく、摂取する事で活動エネルギーとなるだけでなく、ホルモンバランスの改善などにも役立つ万能な働きを持つ成分なのです。

 

EPAとは何か?

別名をエイコサペンタエン酸といい、DHAと同じく魚に多く含まれる成分の一つです。

 

DHAと一緒の脂肪酸ではありますが、『不飽和脂肪酸』と呼ばれる分類で、一般的な脂肪酸である植物油や動物油と違い、体内に吸収されにくく太りにくい油としても有名です。

 

また、EPAやDHAなどといった不飽和脂肪酸はメタボを改善し、記憶力を向上させる成分としても知名度が広がっています。動脈硬化の改善、アトピーや花粉症の改善などに効果が高いと言われています。

 

 

DHAとEPA,どちらも脂肪酸で、その中でも『不飽和脂肪酸』とよばれる分類に属します。健康効果は似ていますが、DHAは主に脳に効果が高い成分であり、EPAは血小板凝集抑制効果が非常に高いと言われています。

 

DHAは脳への入り口である脳血液関門と呼ばれる所を通り抜ける事が出来ますが、EPAではそれが出来ません。記憶力の向上に関しては、DHAに軍配があがります。一方EAPは血液の凝集を抑えるので、動脈硬化などの病気になりにくいと言われているのです。

 

ですので、どちらも同じく摂取した方が、より健康効果は高いと言えるのです。

更新履歴